水虫wordsは、水虫に関する情報を検索する情報サイトです。

ステロイド について

白癬菌にウンデシレン酸以外で、ステロイド系、例えばアルメタ軟膏などは使ってはいけないのですか
私たちの身体には、さまざまな刺激に対する防御反応として「免疫システム」が備わっています。普段は身体を守ってくれる免疫システムが過剰に働くと「炎症」が起き、皮膚が赤くなる、腫れる、かゆくなる、痛むなどの湿疹・皮膚炎の症状があらわれます。 ステロイド外用剤には、免疫システムの過剰な働きを抑えて次の炎症を起こさせない「免疫抑制作用」と、いま起きている炎症を抑える「抗炎症作用」があるため、湿疹・皮膚炎にとてもよく効くのです。炎症が起こると、ヒスタミンなどのかゆみ物質も出現してくるため、かゆみが伴うことが多いのですが、炎症そのものを抑えることでかゆみ物質も出現しなくなり、つらいかゆみが消えていきます。 ステロイド外用剤には、ほかに「血管収縮作用」「細胞増殖抑制作用」などもあり、これらが総合的に働いて炎症を抑えます。 主婦湿疹(手湿疹)、あせも、虫刺され、じんましんは、何らかの刺激を受けたことにより免疫細胞が活性化し、炎症を起こす物質を分泌したり放出したりした結果起こる炎症の一部です。ですからステロイド外用剤が効くのです。 しかし、皮膚の赤みやかゆみなどの炎症症状があっても、ステロイド外用剤が使えない場合があります。 ステロイド外用剤の使えない場合とは? ステロイド外用剤のもつ免疫抑制作用が、かえって症状を悪化させてしまう場合があるのです。それは皮膚感染症です。 感染症とは、病原体の感染によって起こる病気です。私たちの身体は、病原体が入り込むと、免疫システムを駆使してその病原体を殺し、身体を守ろうとします。赤くなって腫れたり、かゆくなったりする炎症症状は、その場所で免疫細胞が病原体と闘っている証拠なのです。 そこに免疫抑制作用のあるステロイド外用剤を塗ると、免疫細胞の力が弱まり、病原体に対抗する力が失われてしまいます。そのため病原体の増殖を止められなくなり、皮膚感染症の症状が悪化してしまうというわけです。 皮膚感染症は、病原体の種類によって、主に真菌(カビ)性、細菌性、ウイルス性の3つに分けられます。 皮膚感染症を治すためには、これらの病原体の増殖を抑えなくてはなりません。例えば水虫は白癬菌という真菌(カビ)による皮膚感染症ですが、治療には抗真菌剤を用います。抗真菌剤は、真菌の成育や、真菌を形づくっている膜(細胞膜)の合成を阻害するなどして効果を発揮します。抗真菌剤の効果と、もともと私たちの身体に備わる免疫システムの働きによって、病原体である真菌は死んでしまうのです。 皮膚感染症は、炎症だけを抑えても治りません。病原体の増殖を抑え、殺すことではじめて根本的な治療ができるのです。 水虫以外にもステロイドを使ってはいけないのがあります。下記にて確認して下さい。 http://www.hifunokoto.jp/yakuzaishi/allabout090806/allabout2_1.html
インキンタムシの治療について 1月中旬に検査をした結果、インキンタムシと診断されました。 先日まで、ラミシールクリームを3ヶ月間ぬりつづけましたが、湿疹や紅斑が改善されませんでした 。(もともと痒みは強くないです。) 昨日、別の皮膚科を受診したところ、ラミシールクリームを使用していたので真菌を確認できず、ステロイド(デルモゾール)を処方されました。 インキンタムシの治療にはこんなに時間がかかるものなのでしょうか? ステロイドを塗っても問題ないのでしょうか? ただの湿疹だった場合、真菌が確認されることはあるのでしょうか? また、ラミシールクリームが効かないインキンタムの場合、どのような治療がありますか。
「インキン」と「インキンタムシ」は似た名称、同様の部位の疾患ですが、明確に異なります(患部を一見しただけでは、正しく診断できない場合もあり得ます)。 「インキン」は陰嚢湿疹とかで、間付近にできる皮膚炎の総称。 インキンタムシとは、水虫と同様に「白癬菌(真菌)」による疾患です。病院の検査で「インキンタムシ」と診断とあるますので、白癬菌による皮膚疾患にて間違いないと思います。 インキンタムシに「ステロイド」の使用は禁物です。 デルモゾールは、ステロイドにて、インキンタムシに処方する医師は典型的な「YABU」です。 その別の皮膚科へ行かないようお勧めいたします。 因みに、インキンタムシ治療薬も様々あり、クリームだけでは治らない場合は内服薬の服用も有効なケースがあります。 また、週に1・2回の紫外線照射の併用も有効性があろうかと思います。 《ご参考》 ■ラミシールクリーム1%(テルビナフィン塩酸塩):アリルアミン系の抗真菌薬。ただれのひどい患部や、傷のある部分は慎重に使用。 1日1回患部に塗布する。 主な副作用として、局所の接触皮膚炎(皮膚のかぶれ)、かゆみ、発赤、紅斑、刺激感、鱗屑(皮膚のフケ様のもの)、落屑(皮膚がはがれ落ちる)、皮膚亀裂などが報告。 ■デルモゾールDP軟膏0.064%、デルモゾールDPクリーム0.064%、デルモゾールDPローション0.064%(ベタメタゾン ジプロピオン酸エステル)リンデロン-の後発薬:ハロゲン系ステロイド(2群:very strong)。対症療法薬となります。 細菌やウイルス、真菌(カビ)などによる皮膚感染症には原則使用しません。使用により悪化します。 通常、1日1~数回適量を患部に塗る。長期または大量に使用は副作用リスクが高まる。 主な副作用として、紅斑などが報告。
脱ステ中に水虫で他の病院にかかること。 脱ステで通院中です。それ自体は順調ですが、恥ずかしながら少し前から水虫にかかったように思います。 脱ステの先生は顕微鏡検査はしてくれず、目視で水虫じゃないと言われました。 でも水虫は移りやすくて長引く病気ですし、違うなら違うでちゃんと検査して安心したいのです。確かめないと不安です。 プライド高めの先生なので強く言いづらく、黙って別の皮膚科にかかっても良いのでしょうか。 仮に水虫ならステロイド出される事はないと思うのですが。。。 私は元々アトピーではなく、肌荒れに処方されたステロイドで塗っていた部分のみ局所的に依存症になったみたいです。 脱ステ中はステロイド塗ったことない部位にもリバウンドが起きる場合があるのは知ってますが、 こんなにピンポイントに水虫みたいに現れることはあるのでしょうか?
>水虫は移りやすくて長引く病気ですし、違うなら違うでちゃんと検査して安心したいのです。確かめないと不安です。 検査して欲しいならして欲しいといえば良いかと思います。 >プライド高めの先生なので強く言いづらく、黙って別の皮膚科にかかっても良いのでしょうか。 もちろん他の病院に行っても良いと思います。 医者も接客業なので、患者としても意見があれば言うべきと思います。 >リバウンドが起きる場合があるのは知ってますが、こんなにピンポイントに水虫みたいに現れることはあるのでしょうか? リバウンドはピンポイントに出ることは少ないと思います。
ステロイドは水虫にも効きますか?
他の方も回答されているように、ステロイドは免疫をおさえるため、菌が繁殖しやすくなり水虫は悪化します。水虫は真菌が原因なので、抗真菌薬での治療が必要です。
親指(手)の指先側面に小胞があり、痒みがあります。 原因はわかりませんが、手を洗う回数が多いです。 調べたら、いろいろと病名がありますが、とにかく「 ステロイド系 」の塗り薬を使ったら良いらしいのですが、「 ムヒアルファ EX 」がありますので これでもよいでしょうか? 気にしだしたら痒いです。 これは他の指にもうつるのでしょうか?
掻きむしると拡がる可能性が有ります。洗剤にやられたんでしょう。俗にいう「主婦湿疹」=接触性皮膚炎だと思います。出来るだけ洗剤に触れないように手袋を着用しましょう。薬はそれでいいと思います。
水虫について。 医者の診断で、水虫でした。 最初に、白色のルリコンをもらい塗っていましたが、 水泡はなくなったものの、かぶれた状態になり、次に、ステロイドがでました。 今度は、数日 で 水泡が腫れ上がり、歩けないほどに。 かぶれは治まったからと、白色ルリコンに戻されました。 塗り続けると、カサカサになり、 今度は、透明のルリコンに代わりました。しかし、塗っているうちに、かゆみも出てきて、じゅくじゅくになってしまいました(>_<) 水虫には、ルリコンを塗るしかないんですか?? 病院を変えようか迷っています。どの医者も結局出る薬は、ルリコンなのでしょうか? 辛いです。詳しい方、教えてください。
種々の菌や白癬菌に対して抗菌効果があることが科学的に証明され、知人が開発したた除菌・消臭剤が販売されています。「ホタテ貝殻セラミックス水溶液」は足や靴の中などにスプレーしますと消臭と菌の除菌が出来ます。靴の中など前の晩にスプレーするとカラッとした感じになるようです。製品の「チャフクリーン」は、キッチン用除菌消臭剤ですが、貝殻は、肌に触れても口の中に入っても食品添加物として認可されていますので安全です。また、pH12.5ですが、肌への刺激性は蒸留水以下であることが米国で証明されています。ホタテ貝殻焼成粉末を青森の雪融け水に溶かしただけで、自然素材100%です。雪融け水の粒子は細かく、肌を活性化する効果もあるようです。消臭や余分な角質層の除去も可能です。こぼした灯油の臭いも消すほど消臭効果は強力です。キッチン用除菌消臭剤ですので安価です(300ml,800円)。 水虫の場合は、患部にスプレーしても良いし、水溶液に15分程度浸けると効果的なようです。雪融け水の粒子は細かいため、肌の奥や、爪の奥まで浸透するようです。時間が掛かるようですが、だんだん爪のピンク色が増加してきて治るようです、同じ水溶液は数回使えるようです。目には入らないようにした方が良いようです。足裏の余分な角質層の除去にも効果的なようです。 同じ原料を蒸留水に溶かしただけで、米国での臨床試験では7割以上治って、日本のTVでは「世界初!最強」と紹介された日本製、自然素材の水虫治療薬も開発されています。 下記のURLをご覧下さい。 http://nn-chemi.at.webry.info/201011/article_2.html http://nn-chemi.at.webry.info/201010/article_2.html
最強伝説! ウィンダム、ダマリンエース、ピロエースZが最強との事ですが、ステロイドが入っていませんか?
水虫の薬ですよね? ステロイドは免疫抑制効果があるので、ステロイドを使うと悪化します
水虫が悪化し、炎症を起こしました。 経緯は前回の質問をご参照ください。 その後、抗生物質を1週間飲み続け膿や水泡はなくなり乾燥しました。 ステロイド(かゆみ止め)と水虫薬の服用もしています。 そのため、ほとんどかゆみも感じなくなったのですが、腫れた皮膚はまだ赤いままです。 腫れはなくなりましたが、赤黒い感じになっているため心配です。 医師の話では、水虫薬の内服を続けるということだったので、抗生物質は既にストップしています。 傷の状態ですが、水泡があり汁が出ていたところはすべて乾燥して、大きく皮が剥けたりしています。かなり掻いてしまった足の指の上部は乾燥していたため、低刺激の保湿クリームを薄く塗っています。(自己判断) 海外に住んでいることもあり、あまり気軽に病院にかかれない状況です。 赤みが気になりますが、このまま様子をみていても大丈夫そうでしょうか。 アドバイスいただけると幸いです。 よろしくお願い致します。
ステロイド(かゆみ止め)と水虫薬の服用もしています。 薬の名前は判りますか? そちらの名称で良いので記載下さい。 前回の質問から継続してステロイド服用中ですか? 海外はどちらの国でしょうか? >腫れはなくなりましたが、赤黒い感じになっているため心配です 炎症が収まった後の皮膚の変色はあり得る事で、だんだん薄くはなりますが、刺激が繰り返し起こると100%元に戻るかどうか、、、、、 >医師の話では、水虫薬の内服を続ける 時間の間隔が開くとしても治療が全て外用薬になるまでは、しっかり医師の管理が必要と思います。 塗り薬だけになれば、市販の塗り薬でも大丈夫と思いますよ。
アトピーで何年もステロイドを使用してきましたが、たまたま病院を変えた時に診てもらったら、顕微鏡で調べ白癬菌が原因と言われました。 (頭皮、顔、体です) それ以来、ニゾラールクリーム+リンデロンVGを全身に使用しています。 本当に効いているようできちんと塗っていると痒みもなくなりサラサラして肌も落ち着きます。 何も出て無い時は塗りませんが、体調や気候もあり油断して悪化した時はイトリゾールを飲んだこともありました。 私としてはこの軟膏で肌も調子よくなり大変満足しているのですが、残念な事にこの病院は先生が高齢で引退のため無くなってしまいました。 それから同じように診てもらえる病院を探していますが、なかなか無いのでしょうか?この病院に出会うまでに通った病院はたくさんあるのですが、どれもステロイドや保湿液ばかりでした。 最近も一軒だけ他の病院行きましたが、事情を話し処方されたのはステロイドと保湿液のローションです。塗ってみていますが良くなりません。こうしている間に体や顔に痒みが増してきています。 どこか合う病院があると良いのですが。 具体的な治療や病院名も、もし可能でしたら教えていただけると助かります。 よろしくお願いいたします。
東京逓信病院に行かれてはどうでしょうか。 紹介状が無いと3000円余分にかかりますが、皮膚科はアトピーに非常に力を入れてます。
ステロイドと併用で別の箇所にラミシールを使っているのですが副作用はありますか?
ラミシールとステロイドは大丈夫ですが、 ラミシールは抗真菌薬で、水虫などに使ってるのだとおもいますが、ステロイドは免疫抑制作用があります。 水虫治すのなら、あまりステロイドは使わない方が。
ぜにたむし?ゼニタムシ?について、経験者様などのアドバイスをお願いします。 暑い時期や汗をかく仕事などをしていると、お尻や太股付け根、 腰回りに赤いブツブツが出来ます。 そのブツブツが痒くなりかいていると、次第に円形状に広がります。 (最大5センチくらい、大体1~2センチ) 皮膚科にいくつか行きましたが、菌はいないと言われました。 (菌は皮膚に潜っていて採取出来ない事もあるのか?) ステロイド系の塗り薬をいくつかの皮膚科で貰いましたが、塗ると4~5日くらいで薄くなります。 (ステロイド系は、ぜにたむしにも効くのか?) しかし、消えて少したつと、またブツブツが出て来てしまい、数が殖えてきてしまいました。 この繰り返しなんですが、皮膚の様子を見るとゼニタムシそっくりなので相談してみました。 症状が現れるのが、太股付け根と裏側 腰回り、たまに脇の下だけです。 (汗をかいて蒸れる場所) ぜにたむしで悩んだ経験者様の経験談を教えて下さい。 どのくらいで完治したのか? それとも、ぜにたむしではなく、他のアレルギーでも同じ症状が出るのか? どうぞよろしくお願いします。
円形状に広がるところは田虫みたいですね。周囲が白っぽくなって痒く皮がぽろぽろ落ちていきます。水虫より治りやすい気がします。ただ菌がいないと言われるのが解りません。私は2・3Wで治りましたが再発を繰り返しました。水虫と同じで根気が要ります。私は市販のタムシチンキで治りました。これがまた滲みて「キクー」といいながら団扇で、パタパタあおいだのを覚えています。良く効きました。素人でよく解りませんがステロイドはあまり続けるとよくないと聞きます。医者に相談するか薬を替えて貰ったらどうでしょうか?症状はインキンタムシみたいです。
【薬剤に詳しい方に質問】市販の水虫の薬について教えて下さい 片足の裏(アーチ部分よりかかとに近い箇所)が水虫になりました。乾燥していて、皮がめくれ、1週間に2回程度の短い時間(主に夜)痒くなる症状です。問題個所は500円玉位の大きさで、皮がパラパラ捲れる症状です。 【質問】 市販でおすすめの水虫治療の薬を教えて下さい。 【現在利用している薬】 「ルリコンクリーム」←医者で処方され2か月近く使っています。改善も悪化もしないので、他の薬で試したいと皮膚科の医者に伝えると、「デルモデート」を処方されました。 【市販を探す理由】 *医者の対応に不信と不満。計3回皮膚科に行きましたが、初回のみ目視と顕微鏡検査あり、2-3回目症状の目視なし、話を10秒ぐらいして終わり)。水虫の所見以外、皮膚の問題はないのに水虫と関係のない、強いステロイド剤である「デルモデート」を処方されたため。 *ほかの医者に行きましたが、薬を利用しているので、本来の症状が分からないので、診療することはできないと受付で断られました。 部屋は清潔に保ち、足専用のタオルを使用したり、スリッパも除菌クリーナーなどでふき取ったり気を遣って生活しています。水虫は長期治療が必要ということなので、長く気をつけていきたいと思います。 詳細を書くと長いため、箇条書きにしました。宜しくお願いします。
皮膚科で処方される「ラシミールクリーム」薬局で人気のある「ダマリン」はどうでしょうか?どちらも薬局で売っています。
水虫に対する病院の診断はどう思いますか? 数週間前から入浴後に足の裏が白くかさつくようになり、かゆみはたまにありました。 以前に皮膚科で水虫と診断された事もあり、水虫を疑いまずA皮膚科へ。診断時、足の裏は白くなくしっとりしてる感じでこの状態で顕微鏡検査は出来ないと言われ、保湿剤的なものを処方。 私は薬を塗りませんでした。 次にB皮膚科へ。前回と同様、白くなくしっとりしてる感じで「臭いがあるか、痒いか」など聞かれ「はい」と答える。雑菌が原因と診断されエタノール・ホルマリン・ステロイドの混合物を処方される。 塗っているが、白いのはなくなるがかゆみはある。 水虫の顕微鏡検査は足の状態によって出来ないのでしょうか?
医者の個人的判断だけだと思います。検査するまでもなく経験だけで診断しているのでしょう。経験十分そうな、じじいですか? しっとりして皮膚のかけらが取りにくいというのはあると思いますが取れないことは無いでしょう。
白癬菌が全身に感染して辛いです。 20代の女性です。 初めて感染したのは去年の冬です。 初期の段階で皮膚科に行ったのですが、医者に「菌はいない」と診断されステロイドを処方されましたが、効果はなく症状が悪化し、別の皮膚科で白癬菌だと診断されました。 肩に出来たのですが、かなり広範囲で半年かけて治しましたが未だに跡が残っています。 恐らく感染源は弟で、スポーツでしょっちゅうもらってきています。 ただ、寝室もタオルも同じものは一切使っていなのに、父と母には感染せず私にだけ感染しました。 今回は私が発症する前に飼い犬が感染し、動物病院で薬を処方されました。 家には猫もいるのですが、猫も原因かもしれないと医者に言われました。 今回は去年と同じ肩と、腕に感染し、数ヶ月経ちます。 去年と同じく最初は「菌はいない」と診断されステロイドを塗り、後に症状が悪化して先週ペキロンを処方されました。 ただ、今回は去年と違い、身体のあちこちに感染しています。 腕は一番大きいものが直径15cm程、小さいものが2箇所、去年と同じ肩、背中、なんと股(毛が生えている部分)にも感染してしまい、痒くて気が狂いそうです。 しかし、寝ているとき以外は絶対に掻いていません。 元々綺麗好きなので、2日一回は掃除機をかけ、拭き掃除をします。 毎日お風呂にも入り、下着もパジャマも全て1度で洗濯し、シーツ等も週に1度は洗濯します。 潔癖症なので感染する前からのことなのに、こんなに綺麗にしているのに何故身体中に感染してしまうのでしょうか。 自分は不潔なのかと、辛くて泣けてきます。 色白なので赤いのがものすごく目立って嫌です。 跡もきっと残ります。 頭にうつったらどうしようと、怖くて寝不足になるほどです。 清潔にしていても、うつるものはうつるのでしょうか。 毎日辛いです。
ステロイドを何回か出されたのも、関係しているかもしれませんが、免疫力が低下するような、例えば、糖尿病や膠原病など 無いでしょうか。それと犬と猫が媒介している可能性もあります。 一度、大きな病院で、調べてもらった方が良いかと思います。 補足:そうですか。犬や猫は当分、飼わないようにされたらいかがでしょう。ただ、血液検査だけでは分からない可能性もありますので、やはり、大きな病院で診察なり、受けたほうが良いと思います。 補足:上の方がインキンタムシと仰っていますが、インキンとは陰部のことで、タムシとは白癬菌そのもののことですよ。
水虫(真菌)の検出ってそんなに難しいのですか? この時期、足の水虫と同時に、まぶたの下や右耳の中が痒くてどうしようもなくなります。 耳の中は普段は一切触りません。耳かきもしません。 ですが、痒くてどうしようもなくなり、そっと麺棒を入れると、湿った耳垢が付き、しかもくっさいです。 足の方は毎年ひろがっている感じです。 検出もしないでアレルギーとかいわれてステロイド剤出されても嫌なので、皮膚科に行って真菌を検出してくれと頼みました。(足、まぶた、耳の全部) そうしたら、次のような事を言われました。 ・もっと病状が進行して皮膚が硬くならないと検出できない。 ・皮膚をはがし取るので、やろうとすれば、まぶたや耳の中などは大変な事になる。(だからできない) ・一旦ステロイド塗って、ひどくなったら真菌の可能性を考えましょう。 ・あなたは神経質すぎ。真菌なんてみんな体に何種類も持ってる。気にしてたらきりがない。(痒くてしょうがないと言ってるのに) ・冬などに症状が出ないのは一旦真菌が全滅してるから。夏にまた出るのは新たに感染している。あなたは感染しやすい体質なのです。 この医者の言ってる事は本当なのでしょうか。 こちらとしては、ひどくならないうちに治療したいし、冬に全滅してるとは思えません。冬は潜んでて夏に毎年勢力を拡大してる気がします。
あなたの言っていることが正しい気がします。私は素人なので医者に逆らいたくはありませんがいい加減な医者みたいな気がします。冬に全滅とはおかしいでしょう。様子見て転院した方が良いと思います。確かに瞼や耳は難しいと思いますがその他は納得いきません。
Web Services by Yahoo! JAPAN
キーワード
100円ショップ 5本指 CM MOIYA TV アスタットクリーム あせも アレルギー アンテベート イトリゾール インキン いんきんたむし エクラークリーム オークション オイラックス オイル かかと かぶれ かゆい かゆみ止め カンジダ かんぽう クリーム サンダル ジェネリック じゅうたん じゅくじゅく ステロイド スニーカー スパイク スリッパ ぜにたむし セフゾン ゼフナート ダマリン タムシ チャフクリーン テレビ ドライヤー におい ニトラゼン ニラゾール ネット ハイター パウダー パウダースプレー バスマット はだし パルス療法 ピロエース ブーツ プール ファブリーズ フットケア ブテナロック ペキロンクリーム ホタテ マイコスポールクリーム メンタックス モイヤ ラミシール ルリコン ルリコンクリーム 中古 中敷 乾燥 予防法 介護 仕事 保湿剤 兄弟 共有 内服薬 再発  冷やす 剥ける 副作用 効果 匂い 危険性 固い 塗り方 塗り薬 変形 変色  大阪 女性 妊娠 子供 季節 安全靴 完治 家族 小学生 小水疱型 尿素 市販 悪化 感染 我慢  手のひら 抗真菌薬 指の間 授乳 掌蹠膿疱症 日常生活 殺菌 民間療法 水ぶくれ 水泡 水疱 水虫菌 水虫薬 汗疱 汗疹 治療法 洗濯 海水 消毒 消臭 温泉 湿疹 炎症  爪切り 爪水虫 爪白癬 爽貝水 特効薬  病院 痒くない 白癬菌 百均 皮膚炎 皮膚科 皮靴 竹酢液 納豆 素足 経路   股部白癬 股間 腫れ 臭い 蒸れる 薬剤師 蜂窩織炎 裸足 角質 赤ちゃん  足の裏 足指ソックス 足裏 踏む 軟化 軟膏 通勤 通学 通院   銭湯 除菌 陰部 革靴  靴下  顕微鏡 風呂 飲み薬 黒ずみ 



ダイエット  ニキビ  介護  便秘  コンタクトレンズ  冷え性  メタボリック  発毛  ED 
Copyright © mizumushi words.